見てくれた!?

  • URLをコピーしました!

息子とは小さい頃から、なかなか目が合いませんでした。

またくっついてくるのも背中が多く、私は寂しさを感じることがありました。

ある日のお風呂上り、息子が私の目を見てニッコニコなのに気が付き、嬉しくなって息子の元へ。

すると次の瞬間、私の眼鏡を引っ張って大笑いしている息子なのでした・・・ 

小学2年生になった今も、目が合うことは多くはないのですが、それでも眼鏡ではなく、母を見てニコニコしていることも増えてきて、目が合うだけでとっても嬉しい気持ちになります。

それは学校や放デイの先生方も同じようで、連絡帳に「最近たくさん目を見てくれます!」や、「目をみて笑ってくれて嬉しかったです」など書いてあり、目が合うだけで幸せを届けているともいえる息子なのでした。

この4コマをつくった人
エピソード
まいこ

ぴあっとをはじめた人。
小学3年生の息子、小学6年生の娘を持つ2児の母。息子は重度の知的障害があり、自閉症と診断されています。娘は感覚の過敏さや独特な感性を持っています。
そんな子どもたちとの日々の生活で感じたことや、出来事を発信していきます。

イラスト
けいこ

旦那、母、老猫と暮らしています。
動物とかわいいものとしょっぱいものが好きです。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次